信仰もいろいろ

神様を馬にして鞭打って、自分の行きたい所へ走らせて、 時々 餌をやるような信仰をしている者もいる。
 しかし、教祖が教えた信仰はそんなものではない。
 神様の馬になって、神様の 行きたい所(陽気づくめの世界)へ、 神様を乗せて行くのが我々の生き方だ。
 これは牛込大教会の初期の信仰者 片山万太郎達が伝える、 東の初代会長・上原佐助氏の話である。
 同じように「南無」と唱えているが、 神にすがる帰命頂礼(拝み祈祷) の信仰は一見謙虚に見えるが、実際には、 神を馬車馬のように 使おうとしているだけである。
 我々の信仰は、神の心になって、 自分の誠と行ないで、 世直しに生きる帰投身命(たすけ一条) でなければならない。




Home