〇九下り目


心定めのつとめです。
神の心になるための心定 めの仕方 を教えられています。
転輪王になるためのつとめです。

一ッ ひろいせかいをうちまわり
    一洗ニせんでたすけゆく


 広い世界に教えを流して、一人、 二人と心 を洗い清めて(「せん」は洗うという 字をあてます)、陽気 づくめの 世界にしてゆこうということです。

二ッ ふじゅうなきよにしてやろう
    かみのこころにもたれつけ


 ここでは「ふじゅうなきよ」に直して あります が、本部から出されているみかぐら うたでは、「ふじゆ なきやう に」と書かれています。

 教祖御在世中は誰が写した本でも 例外なく 「ふじゆうなきよ」と不自由 のない世界・世の中 にしてし てやろうと書かれています。
よう(様)ではないのです。

 不自由する者がいない世界をつく るには、 高山削って谷底埋めて、世界ろ くぢに踏み均ら すという 神の心に基づいて生きま しょう、と いうことです。

三ッ みればせかいのこころには
    よくがまじりてあるほどに


 世界の人の心には「我さえ良くば」 という欲 の心が混じっている、とい うことです。

四ッ よくがあるならやめてくれ
    かみのうけとりでけんから


 欲にとらわれていると、「たすける心に 喜びが生 れる」という真理を見損なっ てしまう ということです。

五ッ いづれのかたもおなじこと
    しあんさだめてついてこい


 誰もが、真理をしっかりと思案し、陽 気づくめ の世界をつくる心を定 めてから、行 動しなさ いということです。

六ッ むりにでようとゆうでない
    こころさだめのつくまでは

七ッ なかなかこのたびいちれつに
    しっかりしあんをせにゃならん


 言われたことを鵜呑みにして、言われ たからす るというのではいけないのです。

 よく思案して本当だと思ったらおこな いなさい 、心を切り替えるための知 識を整理しな さい、矛 盾をなくしてゆきな さいとい うことです。

八ッ 山の中でもあちこちと
    てんりんおうのつとめする


 「てんりわう」でなく「てんりんおう」 と「ん」 を入れます。

 世のため人のために生きようと、神の 心になる 心定めのつとめがあちこち で行なわれるのです。
どんな所でつとめを行なって も立派な つとめである、ということです。

 そして「てんりんおうのつとめす る」とい う手振りは、指を下から上に 真っ直ぐにあげ てかんろ だいを表わし、今までは鏡を表わ す手振りをしてきた のですが 、かんろだいを囲んでおつとめ をしますと、かんろだ いの上の 台を描く手振りになります。

 まさに、かんろだいを 表わして いることで、

九ッ ここでつとめをしていれど
    むねのわかりたものはない


 教え始めた元の場所で、形は立派につ とめても たすける心が定められていないの で、神の心に叶って いない、 ということです。

 「むねのわかりたものはない」とい う言葉が 「よろづよ」と九下り目の九ッの 二ヶ所に出てくるのですが、 「よろづ よ」のときは、教えを 知っている人・話しを聞いて いる者が いないという意味で、広 がりの形を表わす手 振りにな っているのです。

 九下り目の九ッの「むねのわかりた ものはな い」の手振りは、親神の教えの深さ を表わす手振りとして、 胸より上 に手を広げ、腹の前で押さ えて、胸の前 で返す手 振りに変わっています。

 親神の深い心の内を知った者はな い、教え を聞いていながら、教祖の膝元 で形だけのおつとめを つとめて いて、真理を理解したもの はいない、 ということです。

 秀司さんがつとめ場所に天皇家の 先祖の十 二柱の神を祀って、天輪王 明神という神社を作っ てしまっ ている状況をも含めての 言葉なのです。

とてもかみなをよびだせば
はやくこもとへたづねでよ


 どうせ信心するなら、中山家 の屋敷へ 行って、つとめ場所で秀司 さんの説く嘘を 聞くよう な信仰ではなくて、教祖は 綿庫でおつとめ を教えら れ、人だすけしているのです。
その教祖の説く真理を聞いて 信仰しな さい、ということをここ ではおっ しゃっています。

 これは現在にも言えることなのです。

 本当のことを説いている場所で、し っかりと 心を磨いて、教祖の教えを 治めて、これから も通らせ ていただきたいと思います。


よろづよ八首
一下り目二下り目三下り目四下り目
五下り目六下り目七下り目八下り目
九下り目十下り目十一下り目十二下り目
神殿講話に戻るには、このページを閉じて下さい。